オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

Dragonfly

史上最強のイメージングソリューション!

新製品 を使えば、わずか一つのソリューションでワークフローが nm単位から mm単位に拡大されます。

共焦点顕微鏡に対する考え方が変わります。Andor Dragonflyを使って、速度、感度、共焦点性能、回折限界を超えて解像度を自在に組み合わせたイメージングが可能となります。現在200シリーズと500シリーズを発売中です。

共焦点だけではありません。

Dragonflyは、当然のことですが、電動光学ズーム、業界トップクラスのS/N、画像忠実性などAndorのEMCCDおよびsCMOSの優れた機能が随所に導入されています。高速・高感度というシステム性能をベースに、共焦点モードでの単分子から生細胞までの幅広い適用、TIRFMモードでの全胚、厚い細胞組織のイメージングなどが可能となります。さらには、迅速な試料評価のためのリアルタイム可視化、解像度や情報生産性を最大化する ClearView-GPU™ デコンボリューション解析も可能としました。

  • 瞬時の共焦点性能
  • 同時多色TIRF
  • レーザ広視野イメージング
  • 単分子イメージング
  • VIS - NIR 波長レンジ
仕様書を見る
Fast Acquisition, 3D Visualisation, super resolution, low phototoxicity, multi-modal

2D - 6D 高速イメージング

Dragonflyは、迅速、フレキシブル、高感度のスキャンニング用に最適化された斬新なマルチポイント共焦点方式を採用し、サンプル観察の瞬時性を重視します。これによってサンプルの寿命が延びると同時に、データ取得に要する時間が相当に短縮されます。

共焦点に加えて、Dragonflyは視野の広さとTIRF顕微鏡機能を強化したことにより一層精巧な照射制御を可能とし、観察対象がnmからmmへ、単分子から細胞、細胞組織、器官そして胚にまで拡大されます。

従来の点走査共焦点

Dragonfly 共焦点イメージングシステム

レーザレンジ 共焦点速度 開口寸法 カメラズーム イルミネーションズーム ピンホール径
400 - 800 nm 400 fps 22 mm 1x | 1.5x | 2x 1x | 2x | 4x | 6x 40 µm | 25 µm

Dragonflyは、16ビッドのダイナミックレンジで画像を取得するので、一回で低シグナルと高シグナルの詳細な画像を記録します。

Alternating Between Low and High Signal in Range
Low and High Signal in Range

Dragonfly モデル

Dragonflyをよりコンパクトにしたパッケージ200シリーズが発売中で、倒立型または正立型のいずれの顕微鏡でも使用可能です。

200シリーズにおいても、Dragonflyの性能を特徴づける多様な主要機能が利用できます:例えば、最高400 fpsまで増速可能な高速共焦点、大きくフラットな視野を確保する Borealis™ 均一照射、ClearView-GPU™デコンボルーション解析、カメラ2台を使った同時画像取得、光学ズームとピンホールサイズの切り替えなどです。

新しくまたは2台目以降の共焦点機を必要とするものの、従来にないイメージングの可能性を求めている方に対し、Dragonfly 200シリーズを従来のポイントスキャニング機に対抗できる価格で提供します。

価格を問い合わせる
Dragonfly 200 Series

Dragonfly 500は、この革新的なプラットフォームで提供されるイメージングモダリティと補完機能をすべて提供します。

このモデルは、TIRFを使用する細胞膜の細胞内タンパク質標的、SRRF-StreamおよびdSTORM超解像を使用する細胞内のさらに深部から、大規模な組織構造または生物の生体構造まで、完全にスケーラブルなイメージングレンジ用にお勧めです。

Dragonfly500は研究プロジェクトまたは多様なユーザがさまざまなイメージング要件に対応することが可能で、同じサンプルに複数の適切な技術を適用することで新規知見を得るための強力なツールとなります。

Dragonfly 500は、3つの製品を個別に購入しないと手に入らないテクノロジーを、費用対効果の高い1つのソリューションで提供します。

価格を問い合わせる
Dragonfly 500 Series

超解像度

Andor DragonflyとFusionソフトウェアを組み合わせることにより、光学顕微鏡の回折限界を超える超解像技術への新たなアクセスが可能となります。研究対象が、単分子から生物個体へ拡大されます。一つのシステムにすべてを盛り込みました。当社のカメラベースの最新の超解像技術であるSRRF-Stream、画像復元ClearView-GPU™ デコンボリューション、dSTORMローカライゼーション技術から選択してください。いずれもがナノメートル世界への多様でユニークな視点を提供します。実験ニーズに応じて必要な技術を選んでください。

デコンボリューション

デコンボリューションは、上質の共焦点機でも見逃す可能性がある3Dデータセットの詳細解明に有効なツールです。解像限界を打ち破り、ラテラル方向に140nmまで、アキシャル方向に250nmまでの分解能が得られます。

ClearView-GPU™はシステムに不可欠な要素であり、画像中の微細な特徴をより際立たせるものです。CPU方式の最大50倍の速度が得られ、画像取得中にClearViewが作動してより迅速な可視化および元データとの比較がなされます。

最高の3D解像度を得るためにデコンボリューション機能を活用してください。生細胞のように迅速さを必要とするイメージングや多次元のイメージングに対して適用が可能な、超解像能を備える強力なツールとして、デコンボリューションが真っ先に挙げられます。

価格を問い合わせる
Widefield Deconvolution - Dragonfly

SRRF-Stream

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)のRicardo Henriques博士との緊密な協力により開発されたSRRF-Streamは、Dragonflyが提供する広視野でのライブセルイメージング用のカメラベースのリアルタイムな超解像を提供します。

SRRF-Streamは一般的な蛍光プローブを使用し、50 nmの分解能まで適用でき、特別なサンプル調製は一切必要ありません。結果として、固定サンプルに加えてライブセルでも使用でき、細胞骨格ダイナミクスやオルガネラ構造などに最適な最大1 fps (512 x 512)でのキャプチャが可能です。

共焦点SRRF-Stream - Dragonfly

共焦点SRRF-Streamによる深部超解像イメージング

RapidClear法(Sunjin研究室)で調整した厚さ500 umの脊髄のニューロンの深度色分けプロジェクション。100 umの深さまでキャプチャされます。ズームされた領域に、樹状突起棘が明瞭に示されており、分解能が向上していることが判ります。

価格を問い合わせる

dSTORM

直接確率的光学再構築顕微鏡法(dSTORM)は、蛍光色素分子を暗状態にするために強い励起光を必要とする単一分子局在化手法です。ある領域内の複数の蛍光色素分子のフレームを多数収集することによって、高分解能画像を構築できます。

Dragonfly 500シリーズは、2次元と3次元でdSTORM取得を実行するために、強い励起光とオプションの3Dレンズを提供します。後処理アルゴリズム開発は性質が動的なので、解析がAndorソフトウェアに制限されるのではなく、ユーザが解析に使用する好みのプラットフォームを自由に選択できます。20nmの分解能が必要な場合は、キャプチャdSTORM画像セットを使用してください。

Request Pricing
Widefield dSTORM - Dragonfly

次の共焦点システムとしてDragonflyを選ぶべき理由

Dragonflyは電動式光学ズームでAndorの持つEMCCDおよびsCMOSテクノロジーの恩恵を受けており、業界をリードするS/N比と画像精度を提供します。単一分子からライブセルフォーカル、TIRFM、全胚、厚い組織のイメージングににわたる各種アプリケーションはすべてこのシステムのスピードと感度の恩恵を受けます。Dragonflyは、リアルタイム可視化で迅速な試料評価を実現すると共に、GPUにより解析を高速化し、分解能とスループットを最大化します。

Dragonflyの特長:

技術資料をダウンロードする

バクテリアからオルガノイドまで: 多目的なイメージングプラットフォーム

実験のイメージング用に三つのモード: 共焦点モード、広視野モード、TIRFモード

目的に応じて三つのモードが揃っています。ニーズに最適な構成および型式のモデルを選択することにより、幅広いサンプルのインビトロまたはインビボの生物学研究に利用できます。オルガノイドやZ軸方向の厚みのある神経組織から酵母、バクテリアさらには単分子などを含む多様な生体のイメージングには、イメージングモード、拡大方式、照射方式の柔軟性が求められます。これらを細かに調整することにより、ダイナミックで広範囲なイメージング操作中も、生体サンプルの保存や処理速度の維持が可能となります。

まずは照射方式を選んでいただき、Dragonflyによって要求事項が満たされていくことを実感してください。

共焦点モード

Dragonflyイメージングプラットフォームの中核が、新たに設計されたマイクロレンズ共焦点スキャナです。このスキャナを高感度カメラに組み込み、これも新たに製作されたイメージングソフトウェアFusionによって制御します。その結果、処理速度が従来型の共焦点よりも10∼20倍速くなり、画像が順次形成されるのを待つ必要がなくなりました。Dragonflyによって以下の利点がもたらされます。

  • 生体サンプルに最重要な条件である光毒性および光退色性の最小化
  • 動きの速いダイナミック事象に対する処理速度と情報生産性が向上
  • 大型サンプルの画像または合成画像の均一性が向上
multi-point-confocal
multi-point-confocal

広視野モード

共焦点モードは必ずしも最適なイメージング手法ではありません。試料の中には単純な落射蛍光顕微鏡を使う方がよいものもあり、酵母などの薄い試料はその例です。Dragonflyは広視野レーザとFusionのClearView-GPU™ デコンボルーション解析により、高解像で高コントラストな画像を提供できます。ClearView-GPU™ とは、CUDA-GPUの増速により、従来の10倍から20倍の高速処理が可能な演算手法です。

  • 最小光毒性・光退色性によりライブセルやデリケートな試料にも最適
  • 最少の露光でも、高いS/N比で最大の照射領域を確保
  • ClearView-GPU™ 解析で、クリアでシャープな画像を高速に提供
widefield
widefield

TIRFモード

特許出願中の新設計により、色収差補正済みのTIRF照射が可能です。同深度・同空間分解能をもつ多波長の同時イメージングを利用し詳細な解析ができます。またTIRFの励起光入射角度を微調整できるため、射角/HI-LOモードを切り替えることで微小な信号を高いS/N比で検出できます。

  • 試料の形状にあわせてTIRFの入射角調整が可能
  • 標識化した2つの抗体の入射深度を一致させることができるため、細胞内外の可視化に最適
  • HI-LOモードを使って、より速く深い細胞の可視化や細胞膜の構造の厳密なイメージングが可能
tirf
tirf
当社のアプリケーション専門家に問い合わせる

どのような実験にも革新的な光学ソリューションを

Andor Dragonflyには多くの革新的な光学ソリューション技術が集積され、照射の均一性、情報生産性、解像度、出力が共焦点顕微鏡システムに最適となるよう組み合わされます。

Borealis均一照明

照明の均一性は、シームレスな画像合成および直交分析の精度向上に重要な役割を果たします。

Borealisやその独自システムである Perfect Illumination Delivery™ を利用することにより、サンプルの画像のコーナや縁における不均一性が解消されます。

Micro-lens disk
Micro-lens disk with field lens
Micro-lens disk lens with field lens and Borealis

倍率

カメラポートに取付けるユーザが3つの位置を設定できる独自のズームにより、カメラ画素サイズを対物レンズに合わせることができます。

このため、確実にナイキストサンプリング条件を満たし、試料を十分オーバーサンプリングして、最高の空間分解能を実現できます。

Magnification at 1x, 1.5x and 2x

励起光密度

Ca2+イメージングや局在化顕微鏡法などの特定のアプリケーションでは単位面積あたりより高い密度の励起光が役立つ場合があります。

これらの状況では、高い時間分解能の得ることがもっとも重要ですが、このようなタイムラプス撮影中に光退色によりサンプルが大きな危険にさらされることはありません。

Power Density at 1.0, 4.0, 16 and 36

Fusion Stitcher - ビッグデータ処理が可能

Fusion Stitcherは、Dragonflyが生み出す大容量多次元画像ファイルを処理するものとして開発されました。画像の取得中にスティッチングが開始されるため、貴重な時間の節約になります。他のソリューションの2D処理よりも早い時間で、Fusion Stitcherは3D処理が可能です。

Andorは、ZebrafishおよびC.エレガンスのような発育モデルまたは脳や肝臓のような大きな細胞組織中のタンパク質局在化のマッピング用に完璧なソリューションを提供します。統合型Fusion Stitcherを搭載したDragonflyの処理速度は、貴重な時間を日数レベルで節約し、締め切り前の報告書提出も可能となることでしょう。

SRRF-StreamおよびStitcherによる広域超解像度イメージング

対物レンズ視野より大きな対象サンプルに対するSRRF-Stream™ とStitcher™ の組み合わせによる高解像度イメージング

実験およびデータ管理

Fusionは100人・年以上のイメージングデータの共有と開発経験の成果であり、実験計画、必要な装置の選択、最適データ取得プロトコルの設定が簡単におこなえます。FusionによってDragonflyシステムの操作が単純化され、マウスを数回クリックするだけでプロトコルが作成でき、イメージングモードをソフトウェア記述に、蛍光分子をチャンネルに変換できます。

デコンボリューションの操作も簡単で、GPUに関連計算をさせることで、画像取得が邪魔されることなく続行され、多くの時間が節約されます。結果はデータと共に出力され、一つのソフトウェアパッケージですべての処理が可能です。リアルタイム3D可視化、チャンネルビュー分割およびMIPの設定がデータ取得中に可能で、実験に最適なモードでデータを可視化できます。

リアルタイムレンダリング

Fusionに装備されているリアルタイムレンダリング機能によって、実験品質およびサンプル状況がその場で検証できます。

サンプルの3D特性のフィードバックがほぼ瞬時に得られることは、S/N、照射出力、サンプル生存能力、3D中の場所、隣接する細胞および細胞組織との相対位置などの実験パラメータの評価にとって重要な要素となります。実験中の何らかの変化に対し、Fusionソフトウェアの操作パネルから、レンダリング品質と速度を簡単かつ迅速に変更できます。

ソフトウェアスペシャリストに問い合わせる
 

Protocol Manager

Protocol Managerを使用すると、画像取得シーケンスの作成に必要なすべてのツールを制御できます。Protocol Managerは、最も示唆に富んだデータ量の多い画像スタックを作成するためのイメージング実験の必要手順を通してユーザを導きます。

必要なイメージングモードからチャンネルを追加し、ニーズに合わせてプロトコルを調整してください。その後でWindowsユーザごとに、再利用するためにチャンネル設定をイメージングモードとともに保存してください。Fusionソフトウェアでは事前に実験を計画し、高度な準備状態にしおくことが可能で、goコマンドを出すとすぐにイメージングを開始することができます。

ソフトウェアスペシャリストに問い合わせる
 

画像処理

FusionのClearView-GPU™デコンボリューション処理は、CPUベースの方法より最大50倍高速です。高品質のコンフォーカルスタックのすべての画像をデコンボリューション処理をし、見落としされる微妙なディテールを引き出すことができます。

Fusionは、2次元および3次元で隣接する画像を組み合わせて大面積データセットにする自動ツールを提供します。これはしばしばタイリングまたはモンタージュと呼ばれます。Dragonflyの広視野とBorealisによる照明品質をFusionの画像処理ツールと組み合わせることで、大きいサンプルを精密にキャプチャできます。

ソフトウェアスペシャリストに問い合わせる
 

実験ワークフローの単純化

Your Experiemnt -> Data Capture -> Data Visualisation -> Data Analysis

「情報生産性の最大化が最終目標」、これがDragonflyのコアとなるコンセプトですが、それはイメージング性能とデータフローを共に最適化することにより達成されます。FusionとImarisにより、イメージングからデコンボリューション、可視化から解析への円滑な移行が可能となります。その結果、事前処理やシステム間の転送の時間を短縮して、より上質なデータの収集に多くの時間を充てられるようになります。

仮説検証速度の向上

仮説検証は科学的手法の基礎となる部分です。データの作成と評価という一連のサイクルがDragonflyワークフローの中で実行され、綿密な実験計画の策定をサポートします。観察対象の多様化、広い視野および高品質なデータによって、信頼性の高い統計解析やデータ分析が保証されます。

解析、解明、評価、繰り返し

3Dおよび4D顕微鏡検査によるデータセットの管理、可視化、解析、分割および解明に必要なすべての機能がImarisに備わっています。

複雑なデータの可視化

データの解明、プロット、提示の手法は、今や新しい時代に突入しました。ImarisVantageは、単一または多変量散布プロット図のような5次元の画像データを可視化することによって、実験群の比較および対比を可能にします。箱ひげ図を併用することにより、本質的に複雑でダイナミックな現象の解明を支援します。

ImarisVantageには、測定結果、測定対象または対象群の間の隠れた関係および関連性をより正確に把握するため、プロットデータ作成機能をカスタマイズ可能としました。多次元、多目的な画像の詳細分析の強力なツールとなります。

アプリケーションスペシャリストに問い合わせる
 

繊維のトレース

FilamentTracerは、ニューロン(樹状突起樹、軸索、および棘)、微小管などの繊維状の構造を2次元、3次元、および4次元で自動検出するための最も高度なソフトウェア製品です。

ImarisTrackと組み合わせることで、発育中の棘や樹状突起の長さと体積の時間的変化を検出でき、研究者が発育変動と環境変動による変化を理解するために役立ちます。

アプリケーションスペシャリストに問い合わせる
Trace Filaments

細胞の運命の解析と理解

ImarisLineageは、強力で広く使用されているImarisTrackの機能をもとに構築された新しいモジュールです。ImarisLineageは、2次元または3次元の時系列で分裂細胞を正確に自動でまたは手動で追跡するツールを提供します。

ImarisLineageを使用することで、前駆細胞から最終生成まで細胞の運命を追跡できるインタラクティブな系統図を作成できます。

アプリケーションスペシャリストに問い合わせる
Analyse and Understand Cell Fate

技術情報

Andorラーニングセンターでは、お客様のイメージングニーズにお応えする当社の多彩な製品への理解を深めていただくツールとして、さまざまなチュートリアル動画、技術資料、ウェビナーを取り揃えています。また、学習の手始めとなる参考用として、最近アップロードされた記事の中からいくつかのリンクを以下に紹介します。

Dr Kazuaki Yoshioka

"Dragonfly allows us to perform multi-colour (DAPI-, GFP-, RFP- and Far-red channels) 3D imaging with continuously high-resolution (confocal)-wide view mode and super-resolution (SRRF)-magnified view mode. From practical experience, I can say it has absolutely incredible features!"

Dr Kazuaki Yoshioka, Kanazawa University Graduate School of Medical Science, Japan

Thomas Diacovo

"I chose Andor’s Dragonfly 200, as it offered significant upgrades in performance and ability to customize the system to meet the needs of the laboratory. The level of service I receive from Andor is above that of other suppliers I have dealt with in the past. Andor has helped me drive my work forward to evolve both my academic research and the treatment options for critically ill patients."

Thomas Diacovo, MD, Professor of Pediatrics and Pharmacology, University of Pittsburgh

お客様の発表資料