オックスフォード・インストゥルメンツツの一部
拡張

ソフトウェア開発キット

Andorのソフトウェア開発キット(SDK)をご利用いただければ、プログラマーがAndor製カメラや分光器に直接アクセスすることができます。SDKの主要部を構成するのは、C、C++、C#、Visual Basic、LabVIEWなどの多彩なプログラミング環境で使用可能なダイナミックリンクライブラリです。SKDはWindows、LabVIEW、MatlabまたはLinux用に専用化されています。注文時に該当するプラットホームを指定してください。

  • Andorの製品へのプログラミングアクセス

  • Windows Vista、7、8およびLinuxに対応

  • 32-bitおよび64-bitバージョンで利用可能

  • CCD温度およびシャッターを制御

  • ファイルの保存と読出し


お問い合わせ

Andorのソフトウェア開発キット(SDK)を使ってプログラマーがAndor製カメラや分光器へ直接アクセスできます。SDKの主要部を構成するのが、C、C++、C#、Visual Basic、LabVIEWなどの多彩なプログラミング環境で使用が可能なダイナミックリンクライブラリです。

SDKは、さまざまな方法でのデータを取得するプロセスの構築が可能な機能一式を提供します。CCD温度とシャッターを制御する機能、ファイルの保存・読出しを実行させる機能も備えます。個々の内部メモリの要求事項も自動的に処理できます。

SDKを効果的に使用するために、取得プロセスの構築、指定メモリの管理、データの処理、ソフトウェアインタフェースの設定をおこなわせるソフトウェアパッケージを指定してください。

ダイナミックリンクライブラリは、Windows 2000、XP、Vistaおよび7に対応しています。現在SDKの32-bitおよび64-bitバージョンが発売中です。SDKのLinuxバージョンも入手可能です。

ご興味ございますか?

その他アプリケーション

発光デバイスの製造と評価モジュール光学分光法蛍光顕微鏡

最新ニュース