オックスフォード・インストゥルメンツー事業部ページ
拡張

天文学用カメラ

Andorの製品ポートフォリオには、高速な時間分解能を持つsCMOSおよびEMCCDカメラから低速スキャンCCDまで、各種の天文学用高性能検出器ソリューションが含まれています。天空を最大限カバーする超大面積センサーソリューションとして、低ノイズレベルと背面照射型QEオプションは、すべてのテクノロジー分野において共通しています。なにより大事なのは、Andorがその全製品において、優れた品質、真空テクノロジーの革新、および容易なメンテナンスを提供するために、比類ない努力を重ね、お客様の観測時間を最大化し、所有コストを最小限にすることを目指していることです。

  • sCMOSカメラシリーズ- 最大16.9メガピクセル、QEオプション > 90%、超低ノイズレベルでの超高速読み出し
  • iXon EMCCDシリーズ - 単一フォトン感度および高速でQE > 90%
  • iKon CCDシリーズ - 最適化されたNIRを含む最大16.8メガピクセルの背面照射型CCD、-100°C のTE冷却性能
  • Apogee CCD - 高分解能、前面照射型、低速スキャンCCD、高い費用効果
価格を問い合わせる 決定にアドバイスが必要ですか?

イメージングおよび分光用大面積CCD

Andorの背面照射型16.8メガピクセルセンサーを独自の技術で超大面積CCDを-100°C に冷却する超大面積CCDプラットフォームを採用している「iKon-XL」は、超高性能の実現に向けた革新的なアプローチにより実現されました。4メガピクセルiKon-Lカメラは、スーパーWaspや次世代トランジットサーベイ太陽系外惑星プログラムをはじめとする多数の観測プロジェクトにおいて、主力の検出器として長年活躍しています。

  • 16.8メガピクセル背面照射型CCD(e2v)
  • -100°C のTE冷却性能 - 液体窒素や低温冷却は不使用
  • 近赤外領域最適化 - わい星検出
  • 18ビットの拡張ダイナミックレンジテクノロジー

主なアプリケーション: 太陽系外惑星検出(トランジットおよび動径速度計測)、広視野分光調査、測光、超新星検出

価格を問い合わせる 詳細はこちら お手伝いが必要ですか?

高速時間分解能および広範囲天空観測用sCMOS

新しいBalor超大面積16.9メガピクセルカメラやMarana背面照射型ソリューションをはじめとする科学分野用sCMOS(scientific CMOS)テクノロジーは、より高速な時間分解能天文学と特に関係が深く、超低ノイズ性能を犠牲にすることなく、高分解能広視野の天空対象範囲と超高速読み出し性能を兼ね備えています。

主なアプリケーション: 太陽天文学、軌道上デブリの追跡、太陽系物体の検出、太陽系外惑星の発見、スペックル/ラッキーイメージング(広いFOV)、星食、パルサ、大気科学、波面センサ、および広範囲天空観測

価格を問い合わせる 詳細はこちら お手伝いが必要ですか?

最高の感度を持つ高速時間分解能用EMCCD

単一フォトン感度、-100°C のTE冷却性能、およびQE > 95% が特長のiXon EMCCDシリーズは、すばる望遠鏡(ハワイ)のRAVEN「多物体補償光学」システム、カイパーベルトの移動天体を検出するためのCaltech高速マルチカラーカメラ(CHIMERA)、SOFIA(写真)など、条件が厳しく微弱入射光下の多くの観測イニシアチブにおいて、中心的な役割を果たしています。

主なアプリケーション: 波面センサ、高時間分解天体物理学、スペックル/ラッキーイメージング、および星食

価格を問い合わせる 詳細はこちら お手伝いが必要ですか?

Apogee高分解能CCDレンジ

AndorのApogeeカメラレンジは、「ミッドレンジの」フルフレームおよびインターライン冷却CCDオプションの幅広い選択肢を提示し、さまざまな予算レベルで高分解能撮像ソリューションを提供します。

価格を問い合わせる 詳細はこちら お手伝いが必要ですか?

どの天文学カメラが必要なのか?

下のイラストは、天文学に関するお客様のニーズに最適なソリューションを見つけるために役立ちます。必要なものがスピード、分解能、視野のどれであっても、また予算が限られている場合でも、最適なソリューションが見つかります。見つからない場合は、当社の天文学専門家にお問い合わせいただければ、ご要望に合うものをお知らせします。

見つからない場合は、当社の天文学専門家にお問い合わせいただければ、ご要望に合うものをお知らせします。 Decision Illustration